資本性借入金

資本性借入金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。中小企業の経営者には馴染みの言葉かと思いますが、資本性借入金とは会計上は借入金とされるので負債と考えられるものですが、企業が銀行から借り入れを行う場合に企業の経営状態を判断するうえで負債ではなく資本金であるとみなすことができる借入金のことを言います。中小企業にとって資本性借入金の効果には何があるのでしょうか。まず借入金を負債ではなく、資本金としてみなすことができる条件についてみていきます。マニュアル上では以下に記載する3つの条件が挙げられていますが、必ずしも3つの条件に当てはまるからと言って銀行側が資本金としてみなすわけではありません。第一の条件に長期償還が不要であり、契約時の償還期間が5年超であることがあります。第二の条件に金利設定が業績連動型になっており、赤字の場合には利子負担がほとんどないこととなっています。第三の条件に担保付借入金については十分な資本性が認められる借入金には該当せず、法的破綻時に劣後性が確保されていることが必要となっています。では本題の中小企業にとっての資本性借入金の効果ですが、まず一つ目に長期期限の一括償還が基本となるので資金繰りが非常に楽になるということがあります。業績が悪化した時には金利が低くなるようになっているので、資金繰りの改善につながる可能性があります。二番目の資本性借入金の効果としては、借入金が資本金とみなされるので財務内容が改善され、新規での融資が受けやすくなるということもあります。