Author Archive

長期借入と短期借入

会計上借入金とは負債の部に属します。法律上は債務となりますが、これには借り入れ期間が一年以内か一年を超えるかによって、短期借入金と長期借入金に区分されます。一年以内のものが短期で超えるものが長期であることは言うまでもありません。会計上は負債に区分された借入金は短期のものは流動負債に、長期のものは固定負債に細分されます。この流動負債と固定負債に区分することの意義は、資産が一年基準により流動資産と固定資産に区分されることに対応して、負債もこれに対応する区分を行い、流動資産と流動負債との関係で流動比率を算出し、企業の短期の財務安全性を測定したり、固定資産や固定負債もさらに考慮して、長期的な財務安全性をも測定しようとすることにあります。 また、借入金とは異なるように思われますが、連結子会社から受け取った約束手形は子会社では個別会計上は、支払手形の振り出しになり、これを受け取った親会社は受取手形による売掛金等の回収になり、受取手形勘定で取引を記録します。そして、親会社が手形代金回収のために、銀行でこの受取手形の割引を行えば、個別会計上は手形割引の取引として会計処理しますが、企業集団全体で見た場合は銀行からの手形借り入れに等しくなります。そのため、連結会計上は短期借入金の勘定科目で仕訳を行う必要があります。これが、長期ではなく短期の借入金となるのは、営業取引から生じた債権であることから一年以内に回収または弁済することが明らかなためです。 先に流動比率について触れましたが、固定比率についてもみておきましょう。固定比率は長期の財務安全性を表すといいましたが、これは固定資産を自己資本で割って求められます。これは、例えば借入金とは債務ですが、資金調達の力を現す資産的な負債ともいえるものであるため一概には言えないのですが、一応100パーセント以内が望ましいとされています。ところで、また、長期的な安全性を表す指標にこの他長期固定適合率というのがあり、先の自己資本に調子借入金などの長期負債を加え、これで固定資産を割り返して求めます。

資本性借入金

資本性借入金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。中小企業の経営者には馴染みの言葉かと思いますが、資本性借入金とは会計上は借入金とされるので負債と考えられるものですが、企業が銀行から借り入れを行う場合に企業の経営状態を判断するうえで負債ではなく資本金であるとみなすことができる借入金のことを言います。中小企業にとって資本性借入金の効果には何があるのでしょうか。まず借入金を負債ではなく、資本金としてみなすことができる条件についてみていきます。マニュアル上では以下に記載する3つの条件が挙げられていますが、必ずしも3つの条件に当てはまるからと言って銀行側が資本金としてみなすわけではありません。第一の条件に長期償還が不要であり、契約時の償還期間が5年超であることがあります。第二の条件に金利設定が業績連動型になっており、赤字の場合には利子負担がほとんどないこととなっています。第三の条件に担保付借入金については十分な資本性が認められる借入金には該当せず、法的破綻時に劣後性が確保されていることが必要となっています。では本題の中小企業にとっての資本性借入金の効果ですが、まず一つ目に長期期限の一括償還が基本となるので資金繰りが非常に楽になるということがあります。業績が悪化した時には金利が低くなるようになっているので、資金繰りの改善につながる可能性があります。二番目の資本性借入金の効果としては、借入金が資本金とみなされるので財務内容が改善され、新規での融資が受けやすくなるということもあります。

借入金の効果

借入金の効果とゆうのは、お金を借りる理由によってはとても大きな効果があります。例えば、消費者金融でお金を借りる場合、すぐにお金を借りる事ができるのでとても便利なものです。身内の入院費が必要で、すぐにお金を用意しなければならない場面など、消費者金融を利用すると、必要な金額を借り入れする事ができるので、とても大きな助けになります。このように、理由によっては借入金の効果はとても高く、大きな助けになる事が良くあります。また、お金を借りるとゆう観点から考えると、借入金の効果を上手く得るように借入をする事が大切でもあります。お金が必要な場面は色々とありますが、自分の趣味のためなどで過度な借入をするのは、効果的な借り方とは言えません。何故なら、消費者金融等でお金を借りる場合、利息の負担がかかります。あまりにも多額の金額を借りる場合、利息の負担も大きくなります。その上、返済期間が長くなってしまうようならば、元々お金を借りずに趣味を我慢するほうが、金銭面では利息の負担がないためプラスになります。そのため、本当にお金が必要かどうかを考えて、借金をしてまでお金を用意する必要があるのかをしっかりと判断することで、借入金の効果を上手く得ながらお金を借りる事ができるようになります。また、そうすることで、返済も上手く行いやすいものです。このように、お金を借りる理由をしっかりと判断して、お金を借りる際にはしっかりと返済計画を立てる事が重要になります。

事業ローン

大きなものです。こうした借入金というものはとても大切なものであり、これからの世の中においてもとても大切なものです。借入金の効果というものは、これからの世の中においてもとても大きな価値のあるものです。こうした効果というものはとても素晴らしいものであり、これからの世の中においてもこうした効果というものはビジネスをしていくということにおいてもとても重要なものになっていくものです。事業というものは、こうした借入の効果というものがとても良く分かるものです。事業というものは借入をしていくということによって様々な設備投資というものをしていくということが出来ます。こうした借入というものはとても優れているものであり、特に事業ローンなどはビジネスが成長していくということにおいてもとても重要なものになっていくものです。事業ローンというものはとても多くの企業なとが採用しているものであり、こうした事業ローンというものはとても素晴らしい価値のあるものです。事業というものは、様々なものがあります。こうしたローンも色々な分野に対応しているものであり、こうしたことはとても素晴らしいものです。事業ローンを活用していくということによって色々なものを得ていくということが出来るものです。借入金はとても大切なものです。

必要性と計画性

私たちが生活していく中で、誰もが普通お金を使っています。今住んでいる場所の家賃を払ったり、購入した家ならローンを払ったりなどしているはずです。例えば今目の前にある自販機でジュースを購入しようと思ったけれど、たまたま持ち合わせがなかった、と言うときであれば友人などが一緒にいれば、後から返すことを約束して借りることも出来ます。けれども、家を購入するとか、車を購入するなどと言った大金の場合は気軽に人に「お金を貸して」と言えるわけもありません。お金があれば購入すればよいですが、なければお金を借りることになります。そうなると、ただ借りるよりは借入金の基礎知識があったほうが、より話を円滑に進めやすくなるのです。借入金の基礎知識と言われてしまうと、難しそうで怯んでしまうかもしれません。けれども、自分の大切なお金を使うということになるのですから、そこで妥協をするわけにはいきません。どこで借りるのか、銀行かそうでないのか、借りる条件や金額、利子はどうか、と言った細かいところも、借りるときには話をしていきます。借入金の基礎知識は、ないよりあった方がいいのです。難しい話だからこそ、ちゃんと聞いておかないと自分に不利な条件での契約でお金を借りたりすることになってしまいます。どれくらいの期間借りるのかなども大事な要素です。お金を借りると言うのは、自分を見直す一つのチャンスです。それが本当に必要なのかも見極めた上で、商品を購入しましょう。

借り入れの基礎知識

借金に縁のない方には聞きなれない、ご存じでないということもあるかと思いますので、借入金の基礎知識について記載させていただきます。借入金の基礎知識として、手始めに借入金とは何なのかを説明させていただきます。借入金とは銀行などから借りて、返済義務を負ったお金のことです。つまり簡単に言ってしまえば借金のことです。クレジットカードの申込書などに借入金の有無を記載するがありますが、ここには借金の有無および現在借りている金額を書くということになります。借金が多い人にクレジットカードを持たせると、返済が滞る可能性があるので、クレジットカード会社やローン会社は慎重になってくる部分です。次に、借入金の種類について説明させていただきます。代表的なもので、証書借入や手形借入などがあります。証書借入とは借入額や返済条件、利率などの条件を記した借用証書を発行し借入する方法です。手形借入とは借用証書の代わりに手形を担保に借入する方法です。一般的には前述の証書借入がほとんどだと思います。その他に、借入金は返済期限によって大きく二つに分けられており、一年以内に返済する短期借入金と、一年以上かけて返済する長期借入金があります。このように、借入金と一口にいっても細かく分類されてきます。こういった借入金の基礎知識などを学んでいくと、お金に関する知識の幅も広がっていくので、興味のある方は一度勉強してみるといいと思います。

利便性に優れたサービス

近年、各金融機関は利便性に優れた様々な融資サービスを提供しています。これらのサービスの中には担保や保証人の必要が無く、簡単な審査のみで融資を受けることが出来るものもあり、手軽に借り入れを行う事が出来ます。それ故に、複数の金融機関から借入れを行ってしまい返済が困難になってしまうケースもあるのです。このような問題を解決する最も有効な手段がおまとめローンです。このおまとめローンを利用しての借入れには様々な利点があります。ここではおまとめローンによる借入金の基礎知識についてお話致します。先ず最初に、おまとめローンによる借入金の基礎知識として金利があります。複数の金融機関から小額の借入れを行っている場合、非常に大きな金利の負担を負っていることになります。おまとめローンではこの借入金をまとめる事によりローンの金利を引き下げることができるのです。この金利の負担の減少によりより短期間で返済を終了させる事が出来ます。次に、おまとめローンによる借入金の基礎知識として総量規制があります。一般的に複数の業者から借入れを行っている場合には新規に借入れを行う事が出来ません。しかしながら、総量規制対象外の銀行からおまとめローンで借入れを行う事により総量規制の対象となる借入れが無くなり、新たに消費者金融で借入れを行う事が出来るのです。このようにおまとめローンは複数の業者からの借入れを一つまとめ負担を減らす為に非常に効果的な手段なのです。

多種多様な融資サービス

近年、各金融機関が多種多様な形態の融資サービスを提供しています。その中でも広く一般に普及しているサービスにキャッシングがあります。一般的な住宅、車、学資などのローンとは異なり、キャッシングは使用用途を問われない多目的ローンです。それ故に、自分の都合に合わせ利用できる活用範囲の広いサービスなのです。このキャッシングのサービスを利用する前には借入金についての知識を身に付けておく事が大切です。ここではキャッシングによる借入金の基礎知識についてお話致します。先ず最初に、キャッシングによる借入金の基礎知識として借入限度額があります。キャッシングには予め借入限度額が設定されています。これは融資の上限で、申込者の希望ではなく、金融機関の行う審査によって決定されます。キャッシングではこの借入限度額が高くなると共に金利も低くなる為、審査で出来るだけ大きな限度額を獲得する事が有利になるポイントとなります。次に、キャッシングによる借入金の基礎知識として総量規制についてお話致します。借入限度額には総量規制と呼ばれる規制があります。これは借入れの総額が年収の三分の一以上になってはいけないという規制です。この総量規制は貸金業者に適用される規制で、銀行からの借入れには適用されません。それ故に、銀行系の会社からのキャッシングによる借入れはこの総量規制の対象外となるのです。このようにキャッシングを利用する前にはこれら借入金についての知識を身に付けておく事が必要です。

基礎知識の調査

借入金の基礎知識の調査の一環として、勘定科目のひとつである長期借入金について、その関連基本用語とあわせて、調べてみました。長期借入金とは、企業・組織などが、外部から調達した資金のうち、株式や社債の発行によらない、金融機関から調達したもの又はある特定人から借りたもの等を貸借対照表上、借入金として表示するもので、このうち、返済期日が貸借対照法日の翌日から起算して1年以内に到来しないものが長期借入金に該当し、固定負債として計上されるものです。以上の説明のなかで、借入金の基礎知識としての必須の基本用語として、勘定科目とは、複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いる表示金額の名目を表す科目のことで、単に勘定と呼ばれることが多いです。簿記上の取引はすべて仕訳によって分類されますが、仕訳においては、貸借対照表または損益計算書における終局的な位置(貸方か借方)にその勘定科目があれば、その勘定科目の増加を表し、反対側にあればその勘定科目が減少することを意味するというルールがあります。ここで、仕訳とは、複式簿記において、発生した取引を貸借の勘定科目に分類することをいいます。また、上記の長期借入金の説明での固定負債とは、会計における負債のうち、通常の営業活動以外で発生する債務のうち、返済期日が貸借対照表日の翌日方起算して1年以内に到来しないもの(1年基準)と、通常1年を超えて使用される長期負債性引当金をいい、退職給付引当金などが相当します。長期借入金の基礎知識として、このような専門用語の正確な理解は、経理業務を誤りなく遂行してゆくためにしっかり押さえておく必要があります。